書類の源
http://classicetherwallet.com - ClassicEtherWallet.comの内容はgithubより提供される。

ClassicEtherWallet

ClassicEtherWalletはJavaScript(ジャバスクリプト)言語に基づいてイーサリアム財布を生成するクライアントツールである。

目標

ClassicEtherWalletを作るのは、ユーザーがクライアントのコマンドラインを使用する際に困っているよう。そのため、ブラウザのユーザーインタフェース(UI)財布に基づいて作成されたのは:

  • お客様の財布ファイルと秘密キーファイルの導入
  • 完全なクライアント財布の生成する、オリジナルの私用キー、JSON書類とアカウントの紙バージョンを提供する。
  • 財布のロット生成
  • 生成と発送取引
  • 我々は、多くの人が日常の仕事を完了すると同時に、完全実行する必要のないクライアントを助けてほしい。

以上で、バージョン2が以下の特性を提供する:

  • 生成そしてオフライン取引の送信による、ユーザーの秘密キーが絶対漏れないこと。
  • 在標準取引の送信選択には、ユーザー定義のgas/データが含まれている。
  • Angularで書き直して、より更新と維持の簡単化。
  • 違う案件の集合販売/代札販売サポート (Digix,Slock.it,など)
  • 新たな暗号方法。geth/ Mist秘密キーのメモリフォーマット(V3)で、ClassicEtherWalletとMistの間の資産移動が簡単になる。
  • オフライン取引ページ上のQRコードは、パソコン間伝送が便利。
  • ユーザー定義リンクの作成による、予定された取引オプションページに接続し、ページ上に発送アドレス、金額、データ、gasをすでに書き込んでいる。ユーザーが自分の財布をアンロックして、送信キーを押すこと。

開発者

もしあなたが参加したいなら、次の事項を知っておきましょう。

  • Chrome拡張プログラムとClassicEtherWallet.comは同じコードライブラリからコンパイルされたもので、このコードはappフォルダの中に見つかったものである。distまたchrome-extensioフォルダを変更しないよう。
  • 我々は今AngularとBootstrapを使う。2016年4月までに、jQueryとBootstrapを使った。だから部品の配属がおしゃれだと感じるでしょう。
  • 現在、Mercury支線は積極的に開発されている支線である。そして、我々はdistフォルダをghページに持ち込んで、ClassicEtherWallet.comの起動を更新する。
  • 私たちはnpm/gulpを使って編集する、その中多い内容を含まれる。
  • 旧ノード(結節点)の設置は、json_relay_node(node.js)とjson_relay_php(PHP)で見つけられる。開発者にとって、1つ40ドルのlinode実例では豊富な資源を参考しながら共用ノードを起動できる。

では始めましょう

  • まずnpm installからインストール開始。
  • npm run dev。Gulpを起動、そして全てのものを編集する、またHTML、JS或いはCSSの変化を観察してみる。
  • npm run distを割りたて実行する

フォルダ構造

  • fontsとimages はそれぞれのフォルダに移動する。画像或いはフォントを追加する場合再びgulpを起動する。この格式のファイルは自動に編集できないから。
  • includes フォルダはページの部分/ページ自体を含む。見るように、あなたによる大半の先端を変化できる。
  • layoutsフォルダはページ自体になる。基本はすべてのページを大きなページに編集し、ガイド項目もここで見つかる。例えば:
    • index.html にhttps://ethereumproject.github.io/etherwallet/ 表示される
    • cx-wallet.htmlはChrome拡張の主要なヘージである。
    • embedded.html  にhttps://ethereumproject.github.io/etherwallet/embedded.html.表示される。
  • 使用コード:@@if (site === 'cx' ) { ... } と @@if (site === 'mew' ) { ... }に通じて、あなたはClassicEtherWallet.comでChrome拡張の表示をコントロールできる。sendTransaction.tplをチェックしてみよう、前者はChrome拡張までに編集する。後者はClassicEtherWallet.comまでに編集する。
  • embedded.htmlはお財布を生成して第三者サイトに埋め込むこと。
  • 財布ぼ復号命令はscripts/directives/walletDecryptDrtv.jsにある。多くのページで表示される。
  • scripts/services/globalServices.js.にガイドがある。我々はこのファイルに通して、ガイド項目がどのバージョンのサイトに表示されることをコントロールする
  • 2016年9月までに、ほぼ全ての.tPLファイルの中に、コピーはただのプレースホルダーとして存在した。全てはAngular-translateに代わる。バックアップ変更したいなら、フォルダscripts/translations/en.jsフォルダですることになる。あなたは変更した内容を記録してからファイルの上に移すことが必要、こうして必要な時に翻訳されることを我々は確保できる。
  • styles はユーザー定義フォルダとガイドプログラムを含まれている。これはやり直しが必要!

我々に連絡する

もし、ほかの特性或いは実行中のミスについて考えがあれば、我々に連絡してください。